雇用統計の確認はFXでは必須

雇用統計という言葉を聞いた事は有りますでしょうか。この言葉をご存じなくても、失業率という言葉はご存知でしょう。日本の失業率に関係するニュースなどは、たまに報道もされるからです。当然ですが、失業率が高ければ景気は悪化ムードになります。アメリカの失業率が30%と聞いたとき、アメリカに対して投資をしようと思いますでしょうか。または将来性を感じられますでしょうか。つまり、失業率が発表されるという事はそのような効果が有るわけです。中でも、アメリカの失業率は重要な意味が有ります。アメリカの失業率が悪い数字を示すと、他の通貨にまで大きな影響が有ります。アメリカの影響力を物語っていますが、すなわち失業率などを含めて発表される数字のことを雇用統計と表現します。中でも非農業生産者部門という長い言葉の数字は、米ドルの為替レートに重要な変動を発生させます。本当に大きくレートが動きます。普段はせいぜい1円しか動かない外貨でも、雇用統計発表時には3円くらい平気で動くこともあるのです。大きく動くという事は、すなわち大儲けをするチャンスです。逆に、大損をするリスクも有るタイミングです。> FXをするのならば、雇用統計が発表されるタイミングだけはきっちり確認しましょう。損をする時は、本当に損してしまいますので。

line